生徒さんのご紹介 ~ウィリー君~

 皆様、おはようございます!

毎日元気にお過ごしでしょうか? 我が家の愛犬2匹もおかげさまで暑さに負けず、元気に過ごしております。

さて、今日は先日トレーニングが終了したミニチュア・シュナウザー 8か月の男の子 ウィリー君のご紹介です!

ご相談当初は、色々なお悩みがありました。

掃除機をかけるとけたたましく吠えるので、日常的に掃除機が数週間掛けられない状態であったこと。

インターホンが鳴ると、ゲージの中でも大騒ぎになってしまい、吠えの収集がつかなくなってしまっていたこと。

体を触れるのがとにかく嫌い、リードもつけるのが毎日格闘して、大変。その時に手も噛まれることもある。

お散歩中、拾い食いで地面にずっと鼻がくっついている状態で、他の犬を見ると興奮して吠えがひどく抑えることが出来ない。

など… 本当にたくさんのお悩みがありました。

皆さんも同じような経験で悩まれたことはありませんか?

その時々の生活の場面で、愛犬たちにとって日常的に繰り返される学習により、それが嫌悪な学習であった場合は、己の命の危険を感じるとなれば防御するために、攻撃や逃避的な行動に出ることがあります。

ウィリー君は色々な理由で、吠えていたのですが…

一般的によく聞くお話の中から…

人からしてみれば、犬の反応が面白くて、掃除機で愛犬を追いかけまわす…  皆さん、経験ありませんか?ヽ(;▽;)

これは、犬たちにとって得体の知れない大きな音がなる物体に、攻撃もしくは追い掛け回されていると学習すればどうでしょうか?

その音が出る動く物体に対して、人が思うような面白い経験を愛犬が出来ていると思いますか?

…そんなことはないですよね 😥

悪い経験というのは、その物に慣れていなければ恐怖を感じたりするほうが大きいかと思います。

なので、これに限らず私たち人側が見過ごしてしまうような些細なことでも、愛犬たちは受け取り学習しています。

犬の吠える、噛む行動には、必ず理由があります!

その理由は何なのか、どうして愛犬がそのような行動に出るのかを様々な視点から分析して、飼い主様にお伝えをしていくのが、私たちの役目でもあります。

そのうえで、飼い主様、ご家族が愛犬に対しての接し方なども見直していただく機会となります。

犬達が発するボディランゲージや、カーミングシグナルなどもレッスンの中で解説していきますよ(*´꒳`*)

ウィリー君は、たくさん不得意なことがありました。でも月齢が若いこともあり、トレーニングによって不得意なことを得意なことにしてあげて、自信を持たせてあげることは十分可能なことでした。

そして楽しく取り組んで頂くことも大切です(*^_^*) 犬種の性質や、その子の気質も見ながら、その子に合った、また取り組むご家族が出来るトレーニングプログラムを組んでいきます。

1クールでほぼ飼い主様から当初ご相談頂いた内容をクリアできましたので、自宅学習を継続して頂く方向で卒業となりました!

ご相談頂いた当初はお散歩中、犬に会うと吠えてご挨拶どころではなかったのが、トレーニングを重ねることによって、先日お出かけされた際に、犬たちと触れ合い、ご挨拶ができるようになったと嬉しいご報告を受けました。

その時の様子の写真も送ってくださいました!

大型犬、中型犬、小型犬問わずに、ご挨拶できたそうです!

ご家族全員でレッスンにご参加してくださり、ウィリー君を可愛がるときはたくさん可愛がってあげる、でもいけないことをした時には、しっかりとその意思を伝える。このメリハリのある日常的な接し方が、短期間でウィリー君を様々な面で急成長させたのだと思います。

そして、さらに!

レッスン開始後にトレーニングを始めた歯みがきですが、1か月ほどでとっても上手に磨けるようになりました。(歯みがきを導入できるまでの期間は、個体差があります)

マズルも触られることが難しい状況でしたが、毎日の少しずつの練習の結果、嫌がることもなくマズルにも自由に触れられ、歯みがきできているそうです♪素晴らしいです!

これからまだまだ成長を続けるウィリー君が楽しみです!