Blog vol.44 一番上の子の好きな物

皆さま、こんにちは!

もう1月も終わってしまいますね💦

なんだか年々、日が過ぎるのが早く感じています😓

一番末っ子の琥珀くんが来てから、翻弄される毎日で、毎日元気玉のように動いていますが、最近ようやく少しだけ私にも余裕が出てきました(苦笑)

毎週通園させて頂いている犬の幼稚園 (犬の家  Wanpeace/川崎市麻生区)にも大変お世話になっておりm( _ _ )m.

そうなると、他の子たちへの気づきもたくさん出てくようになって(◎_◎;)、ホッとしているところです。

一番上の子 きなこさんは、パピーの時からなぜか床に置いてある新聞紙や、チラシ、紙という紙の上に寝るのが好きだったことを思い出しました。

というのも、これから確定申告の時期ですよね( ̄▽ ̄;)

経費精算で領収書やらなんやらで、床一面にまき散らしていたところに、きなこさんが登場しました。

 

 

 

 

 

 

何を思っているんでしょうかね( ´艸`)

 

 

 

 

 

 

必ずといっていいほど、パピーのときと同じ格好で、紙の上にドテっと寝てくれます( ´艸`)

この後は、全くどいてくれる気配が無くなるので、強制的に移動です(苦笑)

もなかさん、琥珀さんは、紙の上で寝るなんてことありません。

必ず紙を思いっきり嚙みちぎり、それを咥えて大ハッスルします(苦笑)

その子その子によって、同じ物であっても、行動が全く異なる。

頭数が多いと、時間も取られ、毎日あわただしくなりがちですが、それぞれの個性を尊重しながら、ともに生活していくと、個々の性格によって、面白い発見が多いです。

本や、尊敬する先輩のドッグトレーナーの方々から直接指導して頂く機会も多い中でも、許容範囲内で犬たちを尊重しながらの生活は、犬たちの行動自体、本能そのものなので、それを観察することが楽しくて仕方がありません。

皆さんも、愛犬のふとした行動に愛おしく感じたり、思わず笑ってしまったりすることありませんか(^^)?

コロナ禍でもう3年目に突入で、気持ちも塞ぎがちになることも多いと思います。

でも犬たちはそれを感じさせないほど、人を笑顔にさせてくれるパワーを持っているのだと、つくづく感じる今日このごろでした。