基本トレーニング

4か月齢の時期は、お家に迎え入れらえて1か月位過ごしてきたワンちゃんも多いころだと思います。
お家にも慣れてきたころでもあり、本格的な社会化のお勉強をスタートさせる時期にもなってきます。
この時期に、犬の脳は、成犬になるために性ホルモンが活発に分泌される時期でもあり、脳の変化も起きてきます。
その時期のタイミングを逃さずに、愛犬にとって楽しい学習となるように取り組んでいきましょう。

犬の社会化 楽しい学習


犬の社会化とは、人間社会で共生していくために、様々な刺激になれることです。

老若男女、音(飛行機、工事現場、車、トラック、バイク等)
物(公園のアスレチック用具、自転車、ゴミ置き場、ゴミ袋、草木、電信柱等)


 

ドッグトレーニング内容

1.パピートレーニングからの継続トレーニング
※詳細はパピートレーニング内容をご確認ください。

2.日常生活において、危険回避するために必要な基本オビディエンス
3.お散歩トレーニング

飼主様向け
ボディーランゲージ/カーミングシグナルなどの説明

 

レッスン料金

1クールレッスン
5回 /30,000円

1回あたりの所要時間60分
(税込/交通費往復別途)

継続割引あり

ドッグトレーニングお申込み


甘噛みの学習も終わりに近づいてきているころです。
これからの時期は歯の生え変わりもあり、何かを噛みたがることも多くなってきます。
よく飼い主様から甘噛みの延長で、噛みたがるというお話をお聞きしますが、何かを噛みたがるのと甘噛みは別の話です。
その甘噛みが遊びなのか、それとも不安や危険を感じて出るものなのか、しっかりとみていく大切な時期になってきます。

仲良し 多頭飼い 犬

予防接種も終わるころになり、お散歩やトリミングなどに行く機会も増えてくる時期です。
この時期からしっかりと愛犬の体を汲まなく触れることが出来るようになってきているか、獣医さんやトリマーさん達に触ってもらっても不安や、恐怖、苦痛を抱いていないか、しっかりと愛犬の様子を見てあげましょう。
そして少しでも苦手な行動が出ているようであれば、今の時期から、望ましくない行動がなぜ出てしまっているのか、それが周りの環境によるものなのか、それとも別なことが潜んでいるのか、しっかりと観察して、その要因となっている不安や緊張、苦痛を取り除いてあげることが大切です。この時期に経験をすることは、その子の犬生を左右するといっても過言ではありません。

日常生活の中で、「呼び戻し/おいで、待て」はお外の危険回避にも大変役立ちます。
これらの練習は、早い時期から室内でまずはトレーニングを始めていかれると良いと考えます。

上記以外にも、
☆ お散歩で拾い食いや引っ張って歩いていかないように、飼い主さんとコンタクトを取りながら歩く練習
☆ 危険を伴う状況のときに愛犬へ「待て」と指示を出して、止まれる練習
☆ 愛犬が興奮しているときに大変役立つ「お座り」、「伏せ」
☆ 愛犬に行動してほしくない時、注意喚起

愛犬との生活の中で、健康、安全を守るために必要なドッグトレーニングを選び、取り入れて行かれることをお勧め致します。